Young Livingとは?

 

高いクオリティと独特のコンセプトで、知る人ぞ知る精油会社

 

ヤングリヴィング・エッセンシャルオイルズ(Young Living Essential Oils LLC)は、高品質な精油を抽出・製造・販売している、米国に本社をもつ精油会社で、品質に非常にこだわりを持って精油をつくっています。

会社の創始者である、故ゲリー・ヤング博士(自然療法学)は、自分の経験によって精油が持っているすばらしい力に気づき、良い品質の精油を多くの人に提供したいという願いから、ヤングリヴィング・エッセンシャルオイルズを設立しました。

 

 

わたしがヤングリヴィングの精油を使いはじめたいきさつ

 

わたし(aroma wave管理人)が本格的に精油を使い始めたのは、自分自身の病気がきっかけです。

慢性疲労症候群と診断され、ほとんど寝たきりになってしまったのでした。
確立された治療法も、特効薬もない病気のため、ワラにもすがる思いで様々な自然療法を模索していた時に出会ったのが、ヤングリヴィングの精油、そしてレインドロップ・セラピーでした。(レインドロップについては後述します。)2001年頃のことです。

原液の精油を体に塗る、というのは衝撃的でしたが、何度か使用していくうちに、体調に少しずつ変化が現れてきました。もちろん、すぐに病気が治るわけではありませんが、明らかに体調が違うのを感じたことを覚えています。何よりも、抑うつ的になっていた精神状態が劇的に変わりました。

もともと香りの世界が好きだったこともありますが、ヤングリヴィングの精油はユニークなブレンドオイルがたくさんあったり、当時では普通のお店にはないマニアックな精油(たとえばバレリアンなど…)がいろいろあって、本当に面白く、すっかり引き込まれてしまいました。
当時まだ日本支社はなく、すべての精油が個人輸入でしか手に入らない時代でしたが、白黒のカタログを眺めては、どんな香りだろうと想像したりしていたのが、今となってはなつかしいです(笑)

効果を体感したことから、精油の作用機序についてもっと知りたくなり、その後まもなく本格的にアロマの勉強を始め、今にいたっています。そして気がつけば、アロマの仕事をするようになっていました。

病気のほうは今も完治しているとは言いきれませんが、かつての自分を思えば劇的によくなっています。日々の体調管理にも、心のメンテナンスにも、ヤングリヴィングのアロマはなくてはならないものとなっています。

 

 

こんなこだわりがあるから使いたくなる

 

ヤングリヴィング社の精油づくりにおけるこだわりは、Seed to Seal(種から製品まで)というフレーズに集約されています。

重要視されているのは、「香りの良い精油」を作ることではなく「植物の本来持つ精油成分を、余すところなく抽出する」こと。

無農薬の原料ハーブを使うのは大前提。原料となる植物は、自然で最良の種(たね)から育み、最適な環境で育った、健康な植物です。そのために、まず原料ハーブを育てる「土壌」から細心の注意が払われています。種の選別も重要な作業です。育ったハーブは最も良い季節・時間帯に収穫し、適切なタイミングで蒸留釜に入れ、ハーブの種類に合わせて時間を調整し、低温・低圧でじっくりと蒸留されます。

そんな手間ヒマかかる手順を実現するために、米国やフランスなど世界各地に自社農場と蒸留施設が作られていて、多くの精油が原料植物の種まきから収穫、蒸留、製品化までを自社で行われ、品質チェックが行われています。それ以外の精油も、契約農場や蒸留施設を厳しくチェックして管理をしているそうです。

そのようにして作られた精油は、濃く、植物のパワーをダイレクトに感じるものとなっています。もちろん品質への安心感もあります。でも嗅覚や体で感じるものはもっと正直で、わたしもそうですが、ヤングリヴィングの精油を使っている多くの方が、「一度使い始めるとどうしても使いたくなる」とおっしゃいます。

より突っ込んだ詳しい説明は、Essential Life Laboratory(Eらぼ)でご紹介しています。

 

 

 

ゲリー・ヤング博士について

 

ヤングリヴィングの設立者、D.ゲリー・ヤング博士(1949~2018)。
職人魂の熱い、大変精力的な人物でした。セミナー等で何度かお会いしましたが、めちゃくちゃ元気、パワフル。そして本当にエッセンシャルオイル愛が止まらない・・・「精油オタクのチャーミングなおじさま」でした。エッセンシャルオイルのために、いつも世界中を飛び回ってらっしゃいました。

ご自身が事故による重い障害を克服するために模索している中で出会ったのがエッセンシャルオイルによる治療だったということで、本当に並々ならぬエネルギーを精油の研究と、良い精油を提供するための努力に傾けてこられました。

ヤングリヴィングには、とてもおもしろいオリジナルのブレンドオイル(精油をレシピでブレンドしたもの)がたくさんあります。それはヤング博士や信頼されているスタッフたちが、エッセンシャルオイルのもっとも有効な使用法を追求した中でできあがったものです。ただの香りの良い混合物ではなく、用途のハッキリした「職人のレシピ」がそこにはあります。

20年近く前にアロマを教えてくれたわたしの師匠(日本人)は、当時ヤングリヴィングの精油を「ヤングさんのオイル」と呼んでいて、それがとても印象に残りました。会社名で呼ぶより親しみを感じますよね。そんなわけで、わたしもよくそんなふうに呼ばせてもらっています。

 

 

 

口から?原液!?—ルーツはフランスのアロマ、成分重視

 

ヤングさんのアロマに出会って一番驚かれることが多いのがこの「経口」と「原液」ではないでしょうか。

意外とアロマ初心者の人はすんなり受け入れられます。プロや経験者ほど、抵抗が大きいものです。それもそのはず。日本で普及している一般的なアロマセラピーでは、この2つはどちらも「やってはいけないコト」ですからね。

ここではその是非については議論するつもりはありません。ただ、ヤングリヴィング社のアロマテラピーにおいては、始まりから今にいたるまでずっと、経口と原液での使用を含めた手法が貫かれています。

 

現在、日本国内で購入可能な精油の一部は、「食品添加物」として厚労省の認可を受けたものです。(レモン、オレンジ、ペパーミント、バジルなど)もちろん、内服するといっても原液をそのまま飲むわけではありません。水や植物油で希釈したり、微量を食物に混ぜたりしての利用です。

でも精油が口から摂れるなんて新鮮ですよね。我が家でもレモンオイルを入れた水は大好物です。ヤングさんのレモンは本当に美味しいですよ。

 

また、ヤングリヴィングと聞くと、名前をご存知の方の中には「ちょっとスピリチュアル系のアロマ?」というイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれません。実際、そのような使用法で取り入れている方も特に日本では多いですし、製品にも感情や精神、身体のエネルギーなどに着目してデザインされたものも多くあります。

でもヤングさんのアロマはそれだけではないのです。いえむしろ、ルーツにあるのはフランス式のアロマです。
ヤング博士はかつてフランスでダニエル・ペノエル博士(「フランス・アロマテラピー大全」共著者で、メディカルアロマの第一人者)や、ジャン=バルネ博士の弟子の研究者と共同研究を行いました。

そのようなわけで、精油の薬理作用や化学成分についても非常に重視しており、これまで深い研究と調査を重ねています。国外でのことですが、クリニックでの医師による精油を使った臨床治療も、ヤングリヴィングでは早くから取り入れていました。

そのようなアロマテラピーの研究成果は、書籍になっていて、自分で手に入れて読むことができます。日本語版も出ていますので、個人輸入して入手することが可能です。興味ある方は、お問い合わせください。

 

 

これ使ってみて!〜YLおすすめ精油〜

 

たくさんあるヤングリヴィングの精油とアロマ商品。
そのなかから、独断と偏見でえらぶ「押しアロマ」をご紹介します。
かなり偏っていると思いますが・・・どうぞ参考になさってください。

 

 

*“シングルオイル”とは:一種類の植物から抽出された、単独の精油です。
*“ブレンドオイル”とは:目的にそって精油(シングルオイル)を調合した混合精油です。
精油だけのものと、植物油(キャリアオイル)が配合されているものとがあります。

 

わたしの「押しアロマ」はこれ!

 

フランキンセンス(シングルオイル)

なにはさておき一押しの精油です。とにかく香りがすばらしい。そして使ったときの気分も違います。フランキンセンスはめい想や、精神のグラウンディングに良いことで知られていますが、わたしは他のメーカーのフランキンセンスではこれほどの影響力を感じません。いつもそばに置いている精油のひとつです。

ラベンダー(シングルオイル)

アロマテラピーといえば…の定番中の定番ですが、やはりスゴイ精油。頼りになります。
ヤングさんのラベンダーは、どっしり感がとてもあって、成分一つ一つの香りがとても主張していて濃い〜オイル。我が家では、虫さされ、やけど、ちょっとした傷、頭がずーんとする時、お肌のトラブル・・・などのあらゆるレスキューで大活躍しています。

レモン(シングルオイル)

しつこいようですが・・・ヤングさんのところのレモン精油は、本当に美味しいんですよ。まずは水に入れて飲んでみてください。初心者の方は500mlくらいに一滴から始めると良いかと思います(プラスチック容器は成分中のリモネンが溶かしてしまうのでご注意ください)。レモン精油は元気になる成分があり、香りは集中力を高め、しずんだ気持ちを引き上げてくれます。

ペパーミント(シングルオイル)

こちらもおなじみの精油です。じつは私たちがヤングリヴィングにはまるきっかけになった精油のひとつがこのペパーミントなんです。
ワタシの夫は若い頃、まだヤングリヴィングも誕生していない1990年前後頃にアメリカで「なめられるペパーミントオイル」に出会っていて、「なめると胃がスッとする(美味しい)」という体験をしていたのでした。それがどこのオイルかは不明で、本人も忘れていたのですが、その後ヤングリヴィングを教えてもらった時にペパーミントが経口使用可能と聞いて「そういえば!」と思い出しました。で、なめてみたらやっぱり美味しかったんですね。それで「これは絶対いいものなはず!」と確信したのです。
それから18年くらい経ちますが、やっぱり今でも美味しいです。

アイダホバルサムファー(シングルオイル)

ちょっとマイナーな精油ですが、ワタシはトップクラスに好きな香り。北米の針葉樹の精油で、樹木精油なのにとても甘い香りがします。コリかたまった筋肉と精神に良いと言われていますが、わたしはもっぱら香りの精神作用で使用中。かなり以前に「バルサムファーとフランキンセンスを一緒にした香りが心の落ち込みにすごく良い」と聞き、試したところ、その香りにすっかりはまってしまい、以来ずっと手放せなくなっています。心の支え的な存在です。実は、いつかバルサムファーの蒸留体験をしに行くのが夢なんです。

ヤングパナウェイ(ブレンドオイル)

これもいつも常備しているブレンドオイルです。その名は“ペイン・アウェイ”に由来し、痛みについて研究しデザインされた香りの調合になっています。
ヤング博士ご本人が、事故に由来する自分の慢性的な激痛をなんとかしたいと作ったブレンドだそうですが、わたしも持病のせいで関節や神経が気になる時にこのオイルにはとても助けられてきました。

ヤングシーブス(ブレンドオイル)

これも愛用者の中では定番ブレンドの一つかと思います。Thieves(泥棒たち)なんて、変わった名前ですよね。それにYoungがついて、若い泥棒団?もはや意味不明ですが(^^; 実はこの調合、昔のイギリスで疫病に感染しなかった泥棒の話に基づいています。抗菌を目的とした、非常に強力なブレンドです。
皮膚刺激があるので使用に注意は必要ですが、とても有用なのも事実。わたし自身も、これまた持病のせいで免疫が低めなので、これも手放せません。

アイダホブルースプルース(シングルオイル)

マツ科、トウヒ属の針葉樹“ブルー・スプルース”です。
スプルースの精油といえば、ブラックスプルース(クロトウヒ、Picea mariana)が一般的ですが、こちらはコロラドトウヒ(Picea pungens)。ブラックスプルースも針葉樹ならではの清々しい香りがしますが、ブルースプルースはより甘く、やさしい香りになっています。アイダホ・バルサムファーの香りとちょっと似ているかも(だから好きなんでしょうね〜)。深呼吸すると、とっても心が落ち着く香りです。

ほかにも、紹介したいオイルはいっぱいあるのですが、ここではこのへんで。

 

 

レインドロップって?

レインドロップテクニックとは、こんなセラピーです

レインドロップ・テクニックは、数種類の原液の精油を「雨だれ」のように背中に滴して行う、ヤングリヴィングオリジナルのトリートメント手法です。

施術の対象となる部位は、おもに背中の背骨まわりと足裏で、使用する精油は、タイム、バジルなど、7種類程度の精油と、ヤングリヴィング独自のブレンドオイル(通常は2種)です。

タイムやバジルなど、用いられる精油は刺激が強いとされるものが多いため、説明だけを聞くと、ヒーリングやリラクゼーションとは無縁のような気がするものです。でも実際に受けてみると、施術中には眠ってしまう方もいるほどゆったりとでき、施術後にはなんともいえない爽快感、またはリラックス感を味わわれる方が多くいます。

レインドロップは、単なる気持ちのよいアロママッサージではなく、身体全体の大黒柱であるところにアプローチするのが目的のトリートメントです。物理的な力ではなく精油の作用によって、身も心も励まし元気付けてくれるセラピーです。なんだか表現がふわふわしていますが(苦笑)、受けられた方にはわかると思います。

本格的に技術として学んでみたいという方には、カリキュラムの中でレインドロップテクニックを学べるアロマ専門校もあります。
ここではアロマテラピーの理論やボディトリートメントの基礎とあわせてこのテクニックを学ぶことができます。

 

 

使ってみたい・もっと詳しく知りたいと思ったら

 

Essential Life Laboratory(Eらぼ)

aroma wave管理人夫婦が、ヤングリヴィングの情報専門に発信しているウェブサイトです。

詳しく知りたい方、ちょっと疑問がある方、購入してみたい方に、お役に立つ情報を載せています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です