「疲れやすさ」の正体(内向型人間という考え方)

こんにちは。

「アロマでゆったり自分らしく生きる」

ナビゲーターのNatsueです。

 

わたしはいつも不思議に思っていることがありました。

それは、なんで自分はこんなに疲れやすいんだろう?ということ。

 

それはわたしが慢性疲労症候群(CFS)と診断される前、

まだ普通に健康だと思って生活していた頃…

いや、思えば恐らく10代の頃からです。

 

人嫌いではないし、友達と遊ぶのも楽しい。

なんでもそれなりに楽しめるし、はりきって取り組むんですが、

そのあと、とにかく疲れ切ってしまい、

回復するのにとっても時間がかかる。

 

行事やイベントとかだと、途中から疲れてしまうこともしばしば。

なんだかひ弱な自分に、よく嫌気がさしたものです。

 

それに、仲良しの友達とでも、長ーい時間過ごすのは苦手。

そろそろひとりになりたい…って思ってしまうんですよね。

そんな自分も、冷たい人みたいで嫌やな、って思っていました。

 

その後、病気(CFS)にもなったりして、だんだんとわかってきたのは

 

・どうやら、人ごみや賑やかな場所にいるとダメらしい

・活動した後は、一人になってしっかり休まないと回復しないらしい

 

 

それは病気だから仕方ないと、長年思ってきました。

そして病気になったのは、私が虚弱で、

人並み以下の体力しかないからなんだ…とずっと思ってきました。

 

 

ですが、ある時、ネットで調べ物をしていて出会ったのです、

「内向型人間」

という考え方があることに。

 

書いてあることは、まさしく自分のことばかり。

 

・・・びっくり。

なあんだ。そうだったのかー!

 

人ごみや賑やかな場所にいるとダメ

活動した後は、一人でしっかり休まないと回復しない

これこそ「内向型人間」の特徴だったのです。

 

そして同時に、自分も人並みの人間だったんだ〜〜

とも思いましたよ。(笑)

 

 

人並み以下だと思ってしまったのは、

世の中が「外向型人間優位」にできているから。

でもどちらのタイプにも本当は優劣はなく、ただ違うだけ。

このことがわかって、本当に救われました。

 

わかるだけでも結構ラクになるもんなんですが、

内向型の人間が、外向型優位の世の中で生きていくには

それなりに工夫が必要です。

 

幸いなことに

わたしにはエッセンシャルオイル(アロマテラピー)という

強力なツールがあります。

 

オイルの力を借りると、

○苦手な状況を少しでも和らげる

○回復を助ける

のにとても役立つことがわかってきました。

 

たとえば、フランキンセンスのエッセンシャルオイル。

香りを吸い込み、頭のてっぺんや首の後ろにつけると

人前に出るような緊張する事態のときにも、

頭が真っ白にならずにすみます。

 

(必ず質の良いフランキンセンスをお使いくださいね。

安物を使うと、かえってテンションが落ちてしまいます)

 

わたしはヤングリヴィングのフランキンセンスを

愛用しています↓

 

 

 

精油会社であるヤングリヴィングの東京ショールームにて、

無料講座をさせていただくことになりました。

 

********************

「内向型の人のためのアロマ

~自分らしく生きられる香り活用法〜」

・7月8日(土)13:30〜16:00

・東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル32F

ヤングリヴィングショールーム内

・参加費は無料ですが、要予約です。(TEL 0570-056-054)

こちらのフォームからもどうぞ

http://www.aromawave.net/form.html

 

内向型の方ご本人や、ご家族が内向型の方にも役立つ

生活のヒントやアロマの使い方をお伝えします。

********************

 

おすすめの本

(アマゾンのページにリンクします)

 

RSS
Facebook
Google+
http://aromawave.net/waveofaroma/2017/06/18/%e3%80%8c%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%95%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%ad%a3%e4%bd%93%ef%bc%88%e5%86%85%e5%90%91%e5%9e%8b%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9/
Twitter